東亜和裁士育成学院

東亜和裁士育成学院

東亜和裁士育成学院の人が、和裁日本一として、「2014年05月11日の放送 - スタイルプラス 東海テレビ」が放送されてましたね。 お昼のワイドショー的にもぴったりなテーマで、やっぱり職人さん?はすごいなぁと思う。

 

番組内容は、和裁についての紹介や実際の技術を披露。取材協力をしたんだろうけど、ほかの専門家でもそれなりにできますよね、きっと。 最近の風潮として物を大切にする気持ちが見直され、リペアや修理して長く使うのがよい習慣だともいわれてますし。

 

なんかの本で読んだけど(プレジデントだっけな)所得の高い人ほど、価格は高くても長く使い続ける習慣があり、修理して使うのは当たり前なんだそうな。 そう考えると高価な着物を修繕する和裁の技術なんてのも実は安定した収入になるかも?なんて貧乏人の私は思ったりしてw

 

和服って日本人の体型に合うように作られていますが、着物を私服にするのは珍しいですよね。 でも戦争に負ける前までは、私服だったんだから、考えてみればおかしくないし。 大きな理由は綺麗に着れない・・・ という女性が増えているのも原因でしょう。 その点、洋服は楽ちんですからね。 毎日着付けするくらいとなると、それなりの女性に陰られますし。

 

でも着物がうまく着られないうちでも和小物だけでもおしゃれ度は軍とアップしますからね。財布をがま口にしてつげ櫛をゲットするなんてのも手軽な始め方かもしれません。 和服や着物のことは呉服についてなどを参考にしてみてください。